うえの犬猫病院は犬、猫専門の動物病院です。

市川市、西船橋地域を中心に飼い主さんの立場にたった医療を提供いたします。

採用情報

お問合せ

症例紹介

犬の乳腺腫瘍

乳腺腫瘍とは

乳腺腫瘍は乳腺に発生する腫瘍ですが、人間と違い犬は4~7対の乳腺を持つのでそれぞれの場所に関連性無く多発します。ほとんどの場所が良性でも、1ヶ所だけ悪性ということもあります。

イヌでは悪性(=がん)の乳腺腫瘍は50%ほどであり、悪性腫瘍のうちで手術時に既に転移しているものは50%と言われています。つまり早期に手術できれば75%が根治可能、手術しても25%が残念ながら転移が起こってしまっている、ということです。

また、腫瘍の発生は卵巣ホルモンと関係しており、初回発情前に避妊した場合は乳腺腫瘍の発生率はゼロに近づきます。しかしその後は発情ごとに発生率は上昇し、2.5歳以降に避妊手術を行った場合は避妊しなかった場合と比べて発生率は変わりません。

どういった時に見つかるの?

い つ発見されるかというと、ご自宅で触わっていて乳腺にしこりが見つかったり、病院での健康診断中に触診で見つかるケースがほとんどです。多くの場合はしこ りに細胞診(針を刺して細胞を採取して顕微鏡で確認する)を行って、ただの炎症や細菌感染などではないかどうかを確認した後に、手術するかどうかの判断に なります。

治療は

今のところ薬で治す方法は無く、外科的治療が第一選択となります。

最後に

乳腺腫瘍は発情前に避妊手術を行うとその発生率をかなり抑える事ができます。子宮蓄膿症では避妊手術は若く健康な時にと書きましたが、乳腺腫瘍の予防も考えて、当院では生後6ヶ月の時期に避妊手術をおススメしています。

また、初期には良性でも時間がたつと悪性になるケースもあるので、早めの手術が奨励されます。小さいしこりの方が手術も簡単に済みます。

自宅でしこりを見つけたら早めに動物病院にご相談ください。

各種取扱保険

取扱クレジットカード

トリミングのご紹介&フォトギャラリー

トリミングは月・火・水・金・土の週5日受付。

完全予約制となっております。

ご予約は、お電話又は病院内受付にて承ります。

また料金、ご不明な点に関しましては

お気軽にお尋ねください。

トリミングご希望の方はこちらへ

COPYRIGHT © UENO DOGS & CATS HOSPITAL ALL RIGHTS RESERVED.